SDGs ACTION LABO 提供開始



あらゆる企業の日常的なプロモーション活動の現場に、
SDGs視点を持ってツールやキャンペーンを組み立てる新ソリューション
『SDGs ACTION LABO』をローンチ!


〜数多くのプロモーション・プロデュース実績により蓄積したノウハウを元に、貴社の店頭プロモーションに“SDGs視点を持ったアクション”を提供します。〜

 株式会社電通アドギア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:遠藤 弘暢)は、株式会社電通テック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:松原 靖広)、株式会社電通オンデマンドグラフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:望月 敏弘)の国内電通グループ各社と、有限会社スピック(東京都港区、代表取締役:伊藤 猛)の4社合同で、数多くのプロモーション・プロデュース実績により蓄積したノウハウを元に、企業・団体の活動をSDGs視点で課題の発見から解決プランの実施まで、一気通貫の新ソリューションとして“SDGs ACTION LABO”を2021年4月13日より提供します。

■ “SDGs ACTION LABO”の目的  2030年のSDGs達成に向け、社会が大きく動き始めた昨今、私たちのビジネスにもSDGs視点を求められるようになりました。クライアントニーズはもちろん、自社の存在価値を高める上でも、SDGsへの取り組みは急務でした。私たちが大切にするSDGs視点は、当社の得意領域であるプロモーション活動から制作物ロスをなくしたり、地産地消や素材の検討、物流の効率化など、その仕組みは多岐にわたります。これによってクライアントのビジネスにSDGs視点の取り組みを提供します。  “SDGs ACTION LABO”には私たちがプロモーションで培ってきたアイデア、ネットワーク、プロデュース、エグゼ キューションのノウハウが詰まっています。これによって、私たちは企業や団体のプロモーション活動にSDGs視点を持ったソリューションを提供できるのです。私たちは企画から実施まで、トータルプロデュースできることを強みとしています。ひとつひとつのアイディア、施策に責任を持ち持続可能な社会を目指します。

■ “SDGs ACTION LABO”の概要  “SDGs ACTION LABO”は、「現場担当社員」「マーケティング担当社員」「営業担当社員」などの現場に近い社員に寄り沿うところから、ボトムアップ可能なSDGs ACTIONを川下からサポート致します。プロモーションを実行する上で、何を意識し、どのように仕組みを変えたらSDGsに配慮した取り組みになるのか、私たちの豊富な知見と実行手段によってプロデュース致します。プロモーションの現場である店頭視点でソリューションを組み立て、企画、景品設計、デザイン、景品製造、印刷、消費者対応、物流などの様々な視点で効率的なソリューションを提供します。また、プロモーションの実施エリアに合わせて伝統工芸や地場産業の活用による地域活性も大切にしています。

 “SDGs ACTION LABO”は、全国規模のプロモーションからエリアを絞ったプロモーションまで、規模の大小を問わず最適なSDGs視点をもったソリューションを提供します。

■ SDGs ACTION LABO の特長  “SDGs ACTION LABO”は、以下のようなプロモーション制作を、SDGs視点を持って、一気通貫して担うことができるONE TEAMのプロデュース集団です。イベントや、ノベルティ制作、キャンペーンなど、幅広いプロモーションに社会価値創造を絡めたサステナブルな企画から実施まで、対応可能です。



SDGs ACTION LABO